文字5(かわいい)

外から眺める限り、では、どうやらそこでは同一化が起こっているようだ。同一化は増殖だ。増殖はどこへ向かっているのだろう。
彼女たちの顔、匂い、仕草は模倣されたものであり、あまりに同一なので、そこに個を超えた同を見いだしたほどだ。
「同」の源泉を見いだした者が喜びのあまり涙を流すのを見た。
それはどこへ行くのだろう。ある時点で、上回ってしまう事態(飽和)が恐らく存在する時に。

コメント

このブログの人気の投稿

ローベルト・ムジール『特性のない男』

日本語で読めるボリス・グロイスまとめ(自分用)

セルゲイ・エセーニンの詩