投稿

3月, 2016の投稿を表示しています

あらゆるテクストは読まれないことについて、誤配、その幸福と潜在的可能性

「多文化の海をおよぐ」のディスカッションで、私はバイヤール『読んでいない本について堂々と語る方法』をもとに、「我々は本を読めていないという可能性をいつも念頭におくべきだ」というテーゼを発することに、成り行き上なったのですが、これに対し来場されたNさんから質問があったように、テーゼ自体誤解を招きやすい、誤配されやすい言い方でなされていたことについて、内心ほくそ笑みながらも、それでもことを明らかにしておく必要はあると思った。だからこうして書くことにするのですが、それではことばは読まれることはないということをことばによって一体どう言い表すことができるというのか。一つの逃げ道として、いくぶん楽観的に「あらゆるテクストは明日読まれる」という言い方をしたら、より、なんというか、ポジティヴな誤配を招くことになるのではないかと思う。あらゆるテクストは、明日読まれる。あるいは読まれない。われわれは読書をする。「読んでいる」「読み終わった」と、軽い仕草で言い立てる。どう、それが可能だというのか。私にはあらゆるテクストの、あらゆる細部を記憶することはできない。常にテクストは、いまここにしかないものであって、そのいまここをわれわれが逃すや否やそれは記憶にかすりもしないばかりか、引っかかりなどなおさらせぬまま私の視覚を通過するだけで、テクストは常に読まれないことになる。それは読まれたが、読まれることなどなかったかのようだ。あたかも、私は読んでいる。「読んでいる」という時、私にとってそれは比喩の上での出来事に過ぎない。

「世界文学」が俎上にある時、問いは例えば「翻訳文学」をめぐる問いかけと同義になるのかもしれず、2月27日のパネルディスカッションはまさにそれについて、つまり翻訳という主題にわれわれは立ち入ったのだった。それはあらゆる誤読と誤配、間違い、読まれなさの巣であって、つまり私が読んでいるこの「翻訳されたところのもの」は一体何者なのか。A語からB語に翻訳される際に100%の転移など不可能であるという事実はあえていま言うに及ばないが、仮に例えば短い詩か何かがあったとしよう。それはA語で(a,b,c)という三つの単語からなる。奇妙な偶然で、B語には、それら三つの単語に対応する単語はそれぞれあり、しかもそれはA語由来でB語に取り込まれた単語だ。だからA(a,b,c)→B(a1,b1,c1)と…

ヤクープ・コーラスの詩

イメージ
春、野原にて 私は好きなのです 広い野はらの果てしなさが、 ライ麦の穂がなす 緑いろの海が

畑の畝の いくつもの細い線も
私は好きだよ、ねぇ野はら、きみの広がりが!

ライ麦のなかでざわめく 古い洋梨の木も 
緑の境界線も 遠くとおくの平原も

私は好きです 山あいに延びる道路も
その山の下で小川が交わす おしゃべりも

私は好きです 丘が むかしの古墳が
青くとおくに広がる 透明な雲が・・・

春に野はらを眺めるのが 私は好きです
ライ麦の野はらを 風がそっとざわめきながら泳いでゆきます

ライ麦はざわざわと揺れています 畝から畝へと走り回っています
そして 空気の波が 震え、震えている・・・

私は好きなのです 広い野はらの果てしなさが
大きなライ麦の穂がなす 緑いろの海が

Якуб Колас: На полi вясною (1909)