投稿

私たちの7月15日のこと

私たちが崇敬するアントン・パーヴロヴィチの命日だからという理由で、7月15日という日を選んで、わたしは姓を変えることにしたのだけれど、この7月15日というのが世界史的にも大変特異な日らしいということを知ったのはまた後日の話だった。Wikiを参照してもらえればわかると思うけれど、例えばこの日にはベンヤミンとデリダとイアン・カーティスと久住小春が生まれている。そして、1904年にはドイツのバーデンヴァイラーでアントン・チェーホフが亡くなった(ちなみにチェーホフの遺体はその後牡蠣輸送用列車に載せられてロシアに戻った)。



大学の頃から、セクシュアル・マイノリティの問題やジェンダーの問題について多少でも興味をもって勉強してきたことも少しながら影響して、今回わたしは、自分のほうの姓を変えることにした。私たちがこれを決めるまで、かなり長い間決めかねる時期があり、というのは2人が2人とも姓に対して特段のこだわりを持っておらず、実家に対しても愛着を持っていて、要するにどっちでも良かったのだ。姓は、私たちにとっては本質的な問題ではないし、今さらどちらの家ということもないだろう(墓について言えば、死ぬときは墓よりも灰になりたいと現時点では思っている)。ただ、日本の現行法のもとでは婚姻に際して夫の姓か妻の姓かどちらかを選ぶ、いわばどちらかが姓を捨てることを強いられているので、どちらにするかを決めねばならなかった。あえて言わせてもらえば、「それだけ」のことだった。

しかし姓を変えることには、婚姻手続き上の簡易さ(婚姻届ではどちらかにチェックを入れるだけなのだ)とは裏腹に非常な面倒がつきもので、例えば銀行口座の名義変更をしなければならなかったり、パスポートも更新が必要だし、免許証やその他の公的証明書も変更が必要になる。慣例的には、そうした困難事を一手に引き受けなければならないのは妻の方になっている。そしてもう一つ言っておかなければならないのは、妻の側が姓を変えることがあまりにも「ふつう」の慣例として受け入れられているから、あえて当事者が言明し、必要な場合には関係者を説得しなければ夫の側が姓を変えることがままならない現状がある。

わたしが大学で学んで内面化して(少なくとも内面化しようと努めて)いるアティテュードとして、「弱者の側に立つ」ということがある。わたしは常に弱い人、困難を強いられて…

キラ・ムラートワインタビュー(2016)

キラ・ムラートワ監督が、2018年6月6日に83歳で亡くなりました。
彼女の業績は、伝えられねばなりません。

2016年のインタビューを翻訳しました。下のリンクからどうぞ。

https://note.mu/pokayanie/n/ne733acf89c21

ザボロツキーの詩

夢 この地に棲まって五十年
皆と同じく 幸せ半分不幸半分
そんな私がある日この世におさらばし
気づくとそこは秘密の場所であったのだ

そこでは人間は習慣の
最後の残滓として存在するのみ
だがもはや何ものも望まず
通り名もなければ呼び名もない

驚くべきゲームの参加者である私は
退屈しきった顔の数々にまじまじと見入ることなく
そこで燻る焚き火に身をまかせ
起き上がったりまた横になったりした

私は泳ぎ離れていった 私は遠くへ彷徨い出ていった
行先を決めかね 無頓着に 黙りこくって
そして消滅した地の鋭い光は
悠々と差し出された手で拒絶するのだった

存在のある種の余韻を
生存のため 私はまだ手元に残していた
だが私の心の全体がすでに
心でなく 宇宙の一部にならんとしていた

そこで空間の上を私に向かって動いてきたのは
雁字がらめになった何かの物質(マテリアル)
眼では捉えられぬほどの高み、
崩落の多い谷間の上に橋がかかっていた

私は外見をよく目に焼きつけた
空間から泳ぎくるこうしたあらゆる物体がもつ外見を——
交錯する梁 敷石の隆起
原始の装飾品の仕上げの粗さ

精巧さはその痕跡さえ見受けられないし
形(フォルム)の技芸などそこでは明らかに尊重されていない
表立ちはしないが、仕事は困難である
世界全体が動き、働いているのだけれども

彼方の権力の振る舞いの中に
私はほんの少しの強要も見なかった
そして私自身 自由意志もなく欲望もなかったが
必要なものはすべて努力なしにつくることができた
何かを欲さない理由があったわけではない
何かをしようという望みもなかった
もっと先へと彷徨ってゆく準備はできていた
もしそれが何かの役に立ち得るのならば

私と一緒に誰だか坊やが彷徨い歩いていた
下らぬたわ言を私とぺちゃくちゃ
この霧にも似た坊やでさえ
精神的と言うよりむしろ物質的であるのだった

私と坊やは湖に向かった
坊やは釣竿をどこか下方に投げ入れ
地より飛んできた或るものを
焦りもせず手で脇へ押しやったのである

叢書『ロシア・アヴァンギャルド』総目次

叢書『ロシア・アヴァンギャルド』全8巻(国書刊行会;1988-1995)の総目次。

【1:テアトルⅠ(未来派の実験)】 1989年。編:浦雅春、武隈喜一、岩田貴。月報3:津野海太郎、松本克平。
訳者:岩田貴、岩原宏子、宇佐見森吉、浦雅春、坂本雅彦、武隈喜一、長沢洋子、成田典子、西中村浩。

①未来派の演劇 マヤコフスキイ「演劇・映画・未来主義」
マヤコフスキイ「演劇芸術の復興の前兆としての映画による“演劇”の破壊」
マヤコフスキイ「今日の演劇と映画の芸術に対する関係」
シェルシェネーヴィチ「フトゥリズム演劇宣言」
マチューシン「ペテルブルグのフトゥリスト」
カメンスキイ「マヤコフスキイとともに」

②エヴレイノフのモノドラマ宣言 エヴレイノフ「モノドラマ宣言」
クルイジツキイ「笑いの実験室」

③メイエルホリドとコメディア・デラルテ ソロヴィヨフ「コメディア・デラルテの舞台技術の歴史によせて」
スミルノーワ「ボロジンスカヤのスタジオで」

④タイーロフの演劇 タイーロフ「『演出家の手記』より」
タイーロフ「『ブランビラ姫』」
タイーロフ「『ロミオとジュリエット』」
タイーロフ「『ジロフレ・ジロフラ』」
コーネン「『ピエレッタのベール』」
コーネン「『ファミーラ・キファレド』」
コーネン「『サロメ』」
コーネン「『ブランビラ姫』」
コーネン「『フェードル』『ジロフレ・ジロフラ』」

⑤舞台空間の革新 トゥゲンホリド「アレクサンドラ・エクステルの創造」
アクショーノフ「舞台における空間的構成主義」

○解説(浦雅春)

【2:テアトルⅡ(演劇の十月)】 1988年。編:浦雅春、武隈喜一、岩田貴。月報1:山口昌男、鈴木忠志。
訳者:岩田貴、浦雅春、大島幹雄、亀山郁夫、坂本雅彦、武隈喜一、田村充正、長沢洋子、成田典子、西中村浩。

①共産主義的スペクタクル ルナチャルスキイ「共産主義的スペクタクル」
マヤコフスキイ『ミステリヤ・ブッフ』
フェヴラリスキイ「最初のソビエト演劇」

②演劇の十月 マルコフ「生活の飽和度一〇〇パーセント」
マルコフ「メイエルホリドの登場」
ヘルソンスキイ「ペレコープ奪還と『曙』」
マヤコフスキイ「『曙』上演に関する討論会での発言」
ベーブトフ「忘れられぬこと」

③群集劇 ルナチャルスキイ「一九一八年のメーデー」
(-)群集劇『労働解放讃歌』(『解放された労働の神…

New Found Land:ニコラ・ブリオー来日関連

◆ニコラ・ブリオー来日(2018年)関連
・「人新世におけるアート」は可能か?:ニコラ・ブリオー、あるいはグレアム・ハーマンの「無関係性の美学」──特別講演会「グローバル時代の芸術文化概論:21世紀の関係性のランドスケープ:人間的そして非人間的領域の狭間におけるアート」を聴いて(沢山遼)
http://ga.geidai.ac.jp/indepth/special-lecture-report-ryo-sawayama-on-bourriaud/

・ニコラ・ブリオー講義アーカイヴ(川出絵里)
http://ga.geidai.ac.jp/indepth/special-lecture-report-nicolas-bourriaud/

・BETWEEN PRACTICE AND THEORY(星野太)
http://www.art-it.asia/u/admin_ed_itv_e/X8VQRtDBPOxyjMJihmAn/

New Found Land:中世思想原典集成図解

イメージ
◆中世思想原典集成図解(小林博和さん)
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/kobayashikorio/christ/christ.html
やばさを感じる。



New Found Land:レートフ/クリョーヒン関連ブログ

◆東欧ロシアジャズの部屋
https://jazzbrat.exblog.jp/

・セルゲイ・レートフ「都市、辺境と移住」(https://jazzbrat.exblog.jp/14036451/
・レートフ「ソヴィエト・ロシアにおける新即興音楽小史:1960年代〜1990年代初期」(https://jazzbrat.exblog.jp/13683188/
・レートフ「セルゲイ・クリョーヒンについての覚え書き」(https://jazzbrat.exblog.jp/14056879/


*クリョーヒンについては、雑誌媒体にいくつかインタビューがある。
・『ジャズ批評』1996年7月:インタビュー「ポップ・メハニカの方法」
・『Asahi Journal』1989年4月28日:インタビュー