投稿

これが死後の世界なのかもしれない@ロシア(2019年09月)

イメージ
#概要 2013-14年にかけてのペテルブルグ留学からおよそ5年の時を経て、ふたたびロシアに帰省する僥倖に浴したので、旅行のメモを書き記しておきたいと思います。5年ばかりのギャップですが、自分が留学していたころとはかなり(良い方向に)変わった部分も多く、ストレスをほとんど感じない旅であったことに、わたしは新鮮な驚きと嬉しさを感じています。

今回の旅は、9/8~15までの一週間で、モスクワとペテルブルグ、そしてニコラ=レニーヴェツ村(N-L)をそれぞれ2日ずつ訪問する日程です。

(8)モスクワ着→(9)モスクワ~N-L移動→(10)N-L滞在→(11)N-L~モスクワ移動→(12)モスクワ~ペテルブルグ移動→(13)ペテルブルグ滞在→(14)ペテルブルグ~モスクワ移動→(15)成田着




今回の旅の主眼は、ニコラ=レニーヴェツ(Никола-Ленивец)。ゲンロンカフェで行われた高橋沙奈美さん・本田晃子さん・上田洋子さんの対談(「ツーリズムとナショナリズムからみる現代ロシア」@2019.4.16)を拝聴したのがきっかけとなり(その後この対談の誌面構成をお手伝いする縁もあって→『ゲンロン10』)、「次に行くなら絶対ここ」リストに入れていたのですが、もう今年行くしかないと思い、交通事情の心配はあったものの、思い切って計画を始めてみました。モスクワとペテルブルグの両首都には滞在経験があるので、今回は滞在のテーマを【ファッションと独立系書店】と仮に決めて、事前にいろいろリサーチしていくことにしました。

計画をはじめたのち、以前からロシアに興味を持ってくださっていた重力/Noteの鹿島将介さん(@shikanobu)をお誘いしたところ、一緒に行くことになり、我われロシア夫婦2人+鹿島さんの3人での旅行となりました。はじめてのロシアでただでさえよく分からないことも多かったでしょうに、なおさらこのような訳の分からない旅行に同行し、そのうえ楽しんでいただいたことには感謝しかありません。私たちも、ロシアのために心から嬉しい旅でした。

以下、写真多めです。

重力/Note公演「Love Junkies」に翻訳で参加

イメージ
重力/Noteの公演「Love Junkies」に工藤 順が翻訳で参加しています。

原作は、アルフォンソ・リンギス(Alphonso Lingis)の『信頼』(Trust)の中の掌篇「Love Junkies」です。

仙台・北九州・盛岡をめぐる公演。ぜひお立ち寄りください。
劇場限定パンフレットも販売中です(80部限定版¥500、簡易版¥400)。


パンフレット(限定版)より序(工藤 順)

このテクストは、アメリカの旅する哲学者、アルフォンソ・リンギスが書いたテクスト「Love Junkies(ラヴ・ジャンキーズ)」を、重力/Noteの公演のために訳し下ろしたものです。基にしたテクストは、リンギスの“Trust” (U. of Minn. Pr., 2004)に所収の版ですが、Performance Research誌(9(4), 2004)に所収のテクストも参照しています。既訳には『信頼』(岩本正恵訳、青土社、2006)所収のものがあります。  テクストを一読したときに感じたのは、異様な“若さ”でした。リンギスは1933年生まれですから、このテクストを執筆したのは彼が73歳(!)のとき、ということになります。「年相応」などという言葉を吹き飛ばしてしまうような、鮮烈なテクスト。翻訳もその若さに追いつくべく、何度も音読しながら、改訂を重ねました。また、公演を前提とした翻訳でしたので、演出家や俳優からフィードバックをもらいながら、「1度で意味が伝わるか」ということを意識して公演まで何度も改訂を重ねたのも、また得がたい経験でした。  雑誌に掲載された版は、テクストのなまなましさの点で、単行本版にまさります。今回はたまたま雑誌版から先に翻訳し、のちに単行本版と突きあわせて翻訳を行いました。単行本版のテクストにあわせていく作業のなかで泣く泣く切り捨てた、輝くようなテクストもありました。  「LGBT」や「ホモセクシュアル」という言葉をいちど脇において、ひとがただひたすらに「ひと」でしかないような、無条件で絶対的な愛の経験に身をゆだねてほしいと思います。





◆ Information ◆
世界中を旅したり異国に住んで思索することで知られる哲学者アルフォンソ・リンギス
彼が出会ったセクシャルマイノリティの犯罪者カップルを描いたテクスト『LOVE JUNKIES』…

オンラインゲーム「ШХД: Зима / It's Winter」クリエイターへのインタヴュー

イメージ
オンラインゲーム「ШХД: Зима / It's Winter」クリエイターへのインタヴューを翻訳しました。

元記事は、Strelka Magのこのページ→https://strelkamag.com/ru/article/esli-by-ya-byl-prizrakom-to-smotrel-by-kak-lyudi-strigut-nogti



このゲームは、特に何も起こらないことが特徴で、プレイヤーは人けのないロシアの典型的な団地のなかでただ「生活をする」(目玉焼きを焼く、トイレに行く、ゴミを捨てる…)というだけのゲームです。それだけなのに、なぜかこんなに胸を掻きむしるような切なさ、ポエジーを感じる……。クリエイターは、イリヤー・マゾ(Il'ya Mazo / Илья Мазо)という詩人で、このゲームは彼のШХД: Зимаプロジェクトの一環だそうです。プロジェクトについてはインタヴュー中でも言及されていますが、本、LP、ショートフィルム、戯曲を含むマルチプラットフォームなプロジェクトだそうです。

とにかく最高だとおもったので、インタヴュー記事を翻訳してみました。この友だちが少なそうな感じもまた最高で…。

毎日Telegramの公開チャンネルで詩を書いていました。ネットに上がっているんですが、フォロワーはたった一人で、つまりぼくしかいません。
以下からどうぞ。

https://note.mu/pokayanie/n/nb3e28fdd04a1


*Текст переведен с разрешения редакции Strelka Mag.

父からの手紙

2019年、年始に父から届いた手紙。
--
本年は亥年、猪でありますが、新潟県内では既に阿賀野川を越えたようです。関川村で猪の被害を耳にしました。米沢の白布峠も越えていると米沢の方が言っています。猿は言うに及ばず、熊も寺のすぐ近くに出ています。寺に食べ物がある訳ではありませんが、近くの畑の人は被害にあっています。人間は過疎化を辿り(小学校が春より八幡に一校になります——全校で140人の児童)、動物は北限域を上げていきます。日東道の工事が進み、町内でも数ヶ所で道路工事が始まりました。住人のいない家屋は取り壊しが少しずつ始まっています。かつて小学校の登下校で列を組んでいた様子は無くなり、その部落・町内に小学生が一人でもいればどこの子供だかすぐわかります。村の住人は高齢化で山や畑にでるのがきつくなってきました。春から始まる、山菜 田んぼで見かける人は(委託した)公社の人 鮎で川に入る人は他所の県の人 コドの所有者も少ないし、大毎で除雪に来てた人は、ボランティアの方々でした。
--

New Found Land:アヴァンギャルドデータベース「Forgotten Heritage」

イメージ
◆Forgotten Heritage
https://www.forgottenheritage.eu/

ポーランド、クロアチア、エストニア、ベルギー、フランスの20世紀アヴァンギャルドのアーティストに関するデータベース。


ロシア・LGBTネットワーク代表インタヴュー(2018.11)

2018年11月、「ロシア・LGBTネットワーク」の代表イーゴリ・コチェトコーフ氏が、エゴール・ガイダル賞を受賞しました。チェチェンにおける同性愛者の人権擁護活動などが評価されたとのこと。
ゲイであることをオープンにしている人物がこのような権威ある賞を受賞したことは、ゲイ・プロパガンダ禁止法が制定されるなどますます性的マイノリティへの風当たりが強まるロシアにおいて、快挙と言えると思います。

ガイダル賞公式ウェブサイトに掲載されているインタヴューを訳しました。

全文はこちらから。
https://note.mu/pokayanie/n/n8731c73d06cf

「ゆめみるけんり」vol.3を出版しました

イメージ
「ゆめみるけんり」vol.3を出版しました。今回の特集は「睡眠主義」です。

わたしは、特集のなかでロシア・アヴァンギャルドの画家/詩人エレーナ・グローと、アンドレイ・プラトーノフの作品の一部を訳しています。 また、前号から引き続きニコライ・フョードロフのエッセイ「著作者の義務と、博物館=図書館の権利」の後半も掲載しています。さらに今号から、藤田瑞都との共訳で、フェルナンド・ペソア「アナーキスト・バンカー」を連載します。今回は前半を掲載しています。

詳細はこちらから。
https://droitdeyumemir.blogspot.com/2018/09/zinevol3.html

入手方法はこちらにまとめています。全国書店およびKindleで展開中です。私に直接お問い合わせいただいても大丈夫です。https://droitdeyumemir.blogspot.com/p/our-zine.html
来年もまた1号出しますので、寄稿等興味ある方はいつでもお声がけください。