投稿

9月, 2015の投稿を表示しています

『気持ちいいとか気持ち悪いとか美しさとかそういった感覚をぼくらの頭が一体どうやって判断しているのかについて一生懸命考える本(判断力批判)』(1)

私事ですが、うまくいけば9月に大学を卒業し、来年4月の就業までニートとして研鑽を積むことになっています。
そこで卒業前に何か一冊、自分だけでは読めない本を読もうじゃないか、と最愛の友人N(イタリア語専攻)に話を持ちかけ、何を読むかとなったときに、我々の頭に浮かんできたのが当然(でもないか)イマヌエル・カントとその著作だったというわけです。彼についてほとんど何も知らない我々にも当然彼の著作の名前は刷り込まれていました。ご存知の通りそれが『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の3著作です。我々は哲学プロパーではありません。二人とも文学専攻(私はロシア現代詩、Nはイタリア現代文学)です。そうしたことを考慮すると、やはり我々が話題として身近に感じる、ひいては理解しやすいのは何より『判断力批判』であろうという結論に至りました。それは9月2日の夜、紀伊国屋書店新宿本店での出来事でした(ちなみに書店に行く前に飽きるまで焼肉を食い、新宿に行き、そこから渋谷まで歩いて渋谷wwwでのトーキング・ヘッズ『ストップ・メイキング・センス』の爆音上映会に参加しました、そしてそれは最高だったのです・・・というのは全く関係のない話ですが)。

ということで、我々は範囲を決めて、大体一週間間隔で読み合わせを行う(そして焼肉を食う)という、いわゆる読書会を始めることにしました。以上に述べた事情から、課題図書はイマヌエル・カント『判断力批判』(上下巻、篠田英雄訳、岩波文庫、1964;2013)ということに決めました。

ただし、ただの読書会というのはつまらない、二人揃って唯一絶対たるカノンとしての1を生み出す作業など(時にはそれも有用でしょうが)、やはりありきたりであり、つまらない。何より悪い生徒である我々自身が飽きてしまう。ということで、Nには無断でこのブログ上で進捗状況をアップしていくことにしようかと思います。この場では工藤が記事を書くにもかかわらず、人称に「我々」を使おうかと思っています。哲学科の生徒にはできない不真面目さと独断で『判断力批判』を読む、そして頭の中を報告に付すことで、議論を不特定多数の海とも山ともつかぬ場所へ放り出してみる、それが我々の目指すところです。

第一回目の今回は上巻の67頁まで、序言と序論を読みます。

* * *
9/3-6(読み合わせ会は9/8) 『判断力批判…

ヴィクトル・ソスノーラの詩

イメージ
鐘 私が沈みゆくとき、夢に出てくるのは、ローマの鐘なのです、
耳から泡が立ちのぼり、ガラスの球たちを揺らめかせ、
泳ぎ歌うは音楽魚ども、
その耳鋭く、ことば喉をこじ開け、
私は口に出して言おう、ローマが沈んでゆくと、
柱廊が、競馬場が、劇場が、市場が、浴場が、
台座としての広場とそこに立つ家々が、
彫像が、別荘が、庭園が、図書館が、
馬たちが、トランペットが、雄弁家たちが、追放者名簿が、
カンピドリオの丘が沈みゆく、蛸にぐるぐるに巻かれて、
トーガが、属州が、水道橋が、テヴェレ川が、—
そしてとうとう世界が暗闇に包まれ、音は消え、水に沈み、
私はひとり沈んでゆく、そして耳の中に何やら汽笛が響いている。


*Соснора, Виктор Александрович (1936-)