投稿

2月, 2014の投稿を表示しています

サヤト=ノヴァ×タルコフスキー

以下に訳出したのは、脚注に記載した底本より、サヤト=ノヴァ詩の、タルコフスキー(父)によるロシア語訳からの重訳です。旧かなにしたのは何となく、そっちのほうが雰囲気でるからです。すみません。
ナボコフなんかは翻訳者があんまり芸術家肌ではいかん、というようなことを言ってるわけですが、ソヴィエト時代には、発禁扱いになった一流の詩人・作家が、翻訳で食いつなぐという事態がままあったわけで、許してやってくれ。それから重訳で申し訳ないです。
あなたのさばきに
あなたのさばきに こころはよろこぶ
あなたはけだかき帝(みかど) グルジアのよろこび
ひとはいふ わたくしにはがつかりだと
ろくでなしのくず どくのつまつた いどがわたくしだと
きをわるくするな 謂つてしまわねば ならぬのだと


ひとりもののわたくし どこでうけいられようか?
わたくしは無粋なおとこ 突かれても こたへは待たれておらぬのだ
こうしてわたくし よの ものわらひの まとになる
こころをひらけど わたくしは こんなことばをなげかけられる
「おまへは はたけのうねのはざま そこにある 不毛の丘だ!」と


みかどのまへに きよらかなるころも まとひて立つ
わたくしのサアズは うずうずしてゐる
わたくしは ことばのいみをわすれてしまふ!
帝は冷酷にも わたくしを 向かふへおひやる
「おまへは きたならしい羊毛 よの わらひものだ!」


山と 山とが であふといふ
かみさま あなたのお慈悲を わたくしに!
さばきには あたひせぬ わたくしであろうか?
帝の 御手で 死罪になったほうがよい
あなたは わたくしの師 わたくしのよろこび

さいはひかな
さいはひかな 橋をたてたものよ
とおるものは 橋にあはせて いしをおいて ゆくだらう
わたくしは 民にいのちを なげだした このために
わがおとうとは 墓碑を わたくしのため たてるだらう


こころのうつくしきもの たましひのけだかきものが
ほこりたかく立ち あしの枷を とりはらう
わが勇者は 鉛の弾丸(たま)を さぐりあてる
商い人の つくえに たからかに それをおくのだ


さきゆきの杳とせぬ 運命(さだめ)の喇叭は うたふ
ほまれたかき族(うから)は その財を うしなつたと
羊毛が要つたものは いま
たへなる絹の錦を 宝箱のなか かくすのだ


善と悪とが かみさま ばらばらになつてしまつた!
よこしまな君主から まもりたまへ
ちかごろは 敵にうらみなど もつて…

ヨシフ・ブロツキーの詩

逐語訳に近い試訳です。難しかった。
ハエ アルフレッドとイレーネ・ブレンデルへ
Ⅰ きみが歌っている間に 秋はやって来た。 木切れがペチカで焚かれていた。 きみが歌い飛び回っている間に すっかり寒くなってしまった。
いま きみはのろのろと這っている すすけたコンロの面に沿って 4月にきみが現れた あそこに眼もくれないで。 いま きみはやっとこさ
別のところに動く。 何ものも きみを殺すことはできない。 だが 苦しみよりも死にうんざりした歴史家のように ぼくはためらっているんだよ、ハエよ。
Ⅱ きみが歌い飛び回っている間に 葉は 落ちていった。 水にとっては 地面にしみ込んで行くのが楽なのだ もとに戻って水溜りから 他人事のように見つめるために。
で きみはどうやらまったく眼が見えないらしい。 ブロック敷き歩道の親戚である きみの網膜のせいで真っ暗になってしまった ほんのちょっとの脳みその色を想像してもいいし
ぶるぶる震えてもいい。だがきみはきっと 住処に置き去りにされた気分と がっくりうなだれた緑のブラインドに満足するだろう。 生活は長引いた。
Ⅲ あぁ おしゃべり女め、すばやさを失ってから きみは古いユンカース社の飛行機みたいにみえるよ 遠い昔のドキュメンタリ映画の 黒い一コマのように
夜半過ぎまでぼくのキセルの上 そこでずっと かさこそやっていたのはきみじゃなかったっけ? サーチライトで窓枠のほうへ 追い立てられたきみでは?
いま 可愛いおまえよ ぼくの黄色い爪は きみのお腹を上手に触り きみは恐怖で身震いするだろう ぶんぶんいいながらね ぼくの彼女よ。
Ⅳ きみが歌っている間に 小窓の向こうで灰色が 濃くなってきた。扉は湿気で 溝のなかにすっと収まる。そしてかかとが 凍えている。ぼくの家は凋落していく。
だがきみを虜にはしないだろう 流しで長いことほったらかしの 汚れた陶器のピラミッドも、甘い砂糖の テントも。
きみはそれどころではないのだ。そういう 銀の食器のがらくたにかまう暇はないのだ。 そういうものに関わっているのは 高くつく。 ぼくとて同じなのではあるが。
Ⅴ きみの羽根、その足はなんと時代遅れなんだろう! その中にひいばあちゃんのベールがあるみたいだ 一昨日のフランスの塔に紛れ込んでしまった あのベールみたい —
世紀もまさしく19世紀ということさ、要するに。 だが きみとそれとを比べれば きみの破滅を 儲けに換えてやることが出来る
さもしきペンで きみを実体なき思索のほうへ…