投稿

2月, 2014の投稿を表示しています

サヤト=ノヴァ×タルコフスキー

以下に訳出したのは、脚注に記載した底本より、サヤト=ノヴァ詩の、タルコフスキー(父)によるロシア語訳からの重訳です。旧かなにしたのは何となく、そっちのほうが雰囲気でるからです。すみません。
ナボコフなんかは翻訳者があんまり芸術家肌ではいかん、というようなことを言ってるわけですが、ソヴィエト時代には、発禁扱いになった一流の詩人・作家が、翻訳で食いつなぐという事態がままあったわけで、許してやってくれ。それから重訳で申し訳ないです。
あなたのさばきに
あなたのさばきに こころはよろこぶ
あなたはけだかき帝(みかど) グルジアのよろこび
ひとはいふ わたくしにはがつかりだと
ろくでなしのくず どくのつまつた いどがわたくしだと
きをわるくするな 謂つてしまわねば ならぬのだと


ひとりもののわたくし どこでうけいられようか?
わたくしは無粋なおとこ 突かれても こたへは待たれておらぬのだ
こうしてわたくし よの ものわらひの まとになる
こころをひらけど わたくしは こんなことばをなげかけられる
「おまへは はたけのうねのはざま そこにある 不毛の丘だ!」と


みかどのまへに きよらかなるころも まとひて立つ
わたくしのサアズは うずうずしてゐる
わたくしは ことばのいみをわすれてしまふ!
帝は冷酷にも わたくしを 向かふへおひやる
「おまへは きたならしい羊毛 よの わらひものだ!」


山と 山とが であふといふ
かみさま あなたのお慈悲を わたくしに!
さばきには あたひせぬ わたくしであろうか?
帝の 御手で 死罪になったほうがよい
あなたは わたくしの師 わたくしのよろこび

さいはひかな
さいはひかな 橋をたてたものよ
とおるものは 橋にあはせて いしをおいて ゆくだらう
わたくしは 民にいのちを なげだした このために
わがおとうとは 墓碑を わたくしのため たてるだらう


こころのうつくしきもの たましひのけだかきものが
ほこりたかく立ち あしの枷を とりはらう
わが勇者は 鉛の弾丸(たま)を さぐりあてる
商い人の つくえに たからかに それをおくのだ


さきゆきの杳とせぬ 運命(さだめ)の喇叭は うたふ
ほまれたかき族(うから)は その財を うしなつたと
羊毛が要つたものは いま
たへなる絹の錦を 宝箱のなか かくすのだ


善と悪とが かみさま ばらばらになつてしまつた!
よこしまな君主から まもりたまへ
ちかごろは 敵にうらみなど もつて…

ヨシフ・ブロツキーの詩

死せる自然(静物画)「死がやって来て、おまえの眼を奪うだろう」パヴェーゼ
一、
モノと人がぼくらを
とり囲む どれも
これも眼を苦しめる。
暗やみの中で生きていたい。

公園で ベンチに
腰かけ 一家が通りすぎてゆくのを
眼で追いかける。
世界が嫌になる。

一月。暦のうえでは
冬。
暗やみに嫌気が差したら
その時ぼくは語りはじめよう。

二、
頃あいだ。始める準備はできている。
何から始めるかはどうでもいい。口を
開ける。黙っていることだってできる。
でも話したほうがいいんだ。

何について? 昼について。夜について。
それか——いや、何でもない。
それか、モノについて。
モノについて、人間について

ではなく。人は死ぬものだ。
みんな。ぼくだって死ぬ。
実りのない仕事だ。
風にものを書きつけるようで。

三、
ぼくの血は冷たい。
その冷たさは 川よりも
厳しいもので 心底から凍りつかせてしまう。
人が好きじゃないんだ。

外見がどうもしっくり来ない。
彼らの顔が 生に植えつけたのは
何か捨て去りがたい
外貌。

彼らの顔には何かがある
何か良識に反するようなものが。
媚びへつらいをべらべらとのたまうのだ
誰に向けて言ってるのかもよくわからないままに。

四、
モノのほうが心地いい。モノには
悪もないし、善もない
外見上は。しかしモノを
よく見究めてみれば——中に詰まったものがある。

モノの内部には——埃がある。
塵。木を食う甲虫。
仕切り。干からびたボウフラ。
手に負えない。

埃。明かりを点けたところで
照らし出されるのは埃だけ。
そのモノが密封されて
いたとしても。

五、
古びた食堂をみてぼくが
思い出すのは 外から見ても
内から見ても 同じで
ノートル=ダム・ド・パリのこと。

食堂の内側はまっ暗やみ。
モップも、肩帯も
埃を拭い去ることはできない。モノ
そのものが一般的には 埃に

打ち克とうと努めはしないものだし
眉を顰めもしない。
なんとなれば埃とは——時の宿る
肉体であるから。体であり、血なのだ。

六、
近ごろぼくは
白昼に眠る。
ぼくの死が
ぼくを試しているらしい

ぼくが呼吸しているところに 死は
鏡をぼくの口のところにもってくる——
あたかもぼくが世界にある非在に
耐えているかのよう。

ぼくは不動だ。二つの
腿は冷たい 氷のように。
静脈の青さは
大理石に似て。

七、
その角の数で
驚きをもたらしながら
モノはことばの世界秩序から
こぼれ落ちていく。

モノはじっとしていない。動いても
いない。これはたわ言だ。
モノとは その外部にど…