投稿

12月, 2017の投稿を表示しています

ロシア宇宙主義2017

最終更新:2018年1月7日

2017年、われわれ(誰)は紛れもない「ロシア宇宙主義」イヤーを目撃しました。疑いもなく、いま全世界規模でロシア宇宙主義がキています。この全人類的なプロジェクト=事業をただ静観していることはできません。そういうわけで、私なりにこの記事を書くことで、宇宙主義に燃料を投下することにしました。この記事を書く目的としては、乖離してしまっているロシア界隈における宇宙主義と、アート界における宇宙主義の橋渡しをしたいということがあります。
文中「★」印部はリンクになっています。

 #ロシア宇宙主義イヤーとしての2017@日本 日本でも遅滞なく、宇宙主義に関係するイベントが何回か行われました。

*ボリス・グロイス「ロシア宇宙主義」翻訳(上田洋子訳、『ゲンロン』〈2〉所収、2016)
+ ★ボリス・グロイス氏来日レクチャー(2017年1月20-21日)
+ MADレクチャー「★無限を探して―ロシア宇宙主義と美術館」(講師:ロジャー・マクドナルド氏、11月16日)
+ アントン・ヴィドクル「ロシア宇宙主義:三部作」上映@★ASAKUSA
+ アントン・ヴィドクル氏座談会(12月17日)
などなど、以上はわたしが参加したもののみ挙げてみましたが、5つのうち3つ(グロイスとヴィドクル)は浅草のギャラリー「ASAKUSA」の周りのプロジェクトのようですから、この熱意に本当に頭の下がる思いです。

 #ロシア宇宙主義リヴァイヴァル さて、このアート界における宇宙主義ブームの端緒はどこにあるのでしょうか。

2人のキーパーソンがいます。ボリス・グロイス(Boris Groys;1947-、ロシア出身のアートクリティーク)とアントン・ヴィドクル(Anton Vidokle;1965-、ロシア出身のアーティスト)です。
(いま出生年を調べていて、この二人にはほとんど一世代ほどの開きがあるということを知りました。ヴィドクルが宇宙主義について知ったのは、グロイスから聞いたのが最初だったそうです。)

グロイスは、もともとソ連後期のコンセプチュアリズム(コンツェプトゥアリズム)を同時代的に批評することで名が知られるようになりました。そもそも“コンセプチュアリズム”なる用語も、彼の「ロシアのロマンチック・コンセプチュアリズム」(★拙訳;1978)という論文によって広…