12 2月 2017

NER:新しい居住エレメント

noteに新しい記事を公開しました。
雪解け期ソ連の都市計画プロジェクトNER(НЭР=Новый Элемент Расселения、New Element of Habitation)に関するエッセイの翻訳です。


NERグループのプロジェクトは、消費に依らないポスト工業化社会[原語では消費社会の対義語としてのポスト工業化「非-消費社会」]のための、ソ連全土規模の、そしてより広くは惑星規模の居住システムを提起する試みである。この意味でNERは、現代ロシアの都市計画(アーバニズム)に対してはもちろん、消費文化と個人所有といった根底部分に対してめったに疑問を呈することのない世界的な主流に対しても十分にラディカルなオルタナティヴである。NERグループは、「各々みなに属する世界、ロジックとひとに対する敬意に満たされた世界」(『NER』、116頁)をつくることを可能にするような居住構造を見出すことをその課題としていた。NERメンバーは考察を進めるなかで、個人の土地所有というレアリヤに制限を受けることなく、「限定された」大きさの「均一な」住居のネットワークをつくることを提起し、そこでは居住者が10万人以内で、可能性の「平等」が最大限に保証されるとした。NERメンバーは、まさにこのように共産主義の根底的長所をとらえていたのである。


続きは

0 コメント:

コメントを投稿