30 6月 2016

アヴェティク・イサハキャン(重訳)

(アレクサンドル・ブローク訳)

谷間に、サルノの戦さの谷間に、
胸に傷受け、従者が死にゆく。
傷は 焔のよう 闢いた薔薇の花だ
小銃が 手から落ちる

血に濡れた野に きりぎりすが鳴く
瀕死の眠りの抱擁のなか
死を遂げた従者は知る 眠りが誘う夢のなか知るのだ
故国が自由を手にしたと・・・

畑の夢をみている 風に穂がざわめく夢を
夢をみている ジャキジャキと音たて 大鎌が煌めく夢を
少女たちが穏やかに 干し草をかき集めている そして聞こえる
その声はみな 彼のことをひそひそ噂する・・・

サルノの谷の上 雲が鬱々とたちのぼる。
渓谷は涙に濡れた。
打ち倒された者の黒い瞳を啄ばむは
野に舞い降りた 一羽の鷲・・・



(ボリス・パステルナーク訳)

黙として ぼんやりと 亡霊のように ふっと
どこかへ突き進むは 私なる存在
霧ふかき夜の 忘却の海のごと
ただもの哀しい波の跳ねかかる音として
こころは現れる 夢のように 存在したり 失くなったり



愁いに沈み 私は歩いていた 低い山並みに沿って
恋なるおのれの宿命を 嘆きつつ
そのため息を 風がさらって行ってしまった くるくると回りながら
そうして羽根をばたつかせ 連れ去って行ってしまった 曠野へと

その時から 私の声が どこか遠いところから
ふとした時に 聞こえてくるのによく気づく
私のように 風は あなたの扉をたたく
だが 私のように あなたは疾風にも気づきやしない



*アヴェティク・イサハキャン:1875-1957。アルメニアの詩人。これは1915年の詩。詩中「サルノ」は、トルコ=アルメニアの山地にある地名だという。

0 コメント:

コメントを投稿