投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

『気持ちいいとか気持ち悪いとか美しさとかそういった感覚をぼくらの頭が一体どうやって判断しているのかについて一生懸命考える本(判断力批判)』(2)後半

(2)の後半です。
ハーモニーと美しさ 続いて3)目的について。ここはこの章で一番長いところなんですよ。30頁近くあります(げんなり)。ここで問題になるのは、「美しさは、何か目的を満たしているから美しいと感じるんだろうか?」ということです。答えから言ってしまえば、「美しさは、形式的に、目的を満たしているように見える(実態に関わらず)」と言うことになります。
前記事の2)で、「美しさ」とは普遍的に全員から期待してよい感覚とされていました。なぜそうしたことを期待していいかというと、認識能力が「自由な遊び」によって均整のとれたハーモニーを求める気持ち、それは皆に共通しているものであるから、というのが前節での答えでした。ここではもう一つ、目的から考えた説明が与えられます。ここで「目的」という場合、おそらく全員の到達地点としての「自由な遊びが求めるハーモニー」ということになるでしょう。しかし前記事の「関心」というところを思い返してみると、なにか自分に対する利害を考慮してしまうならば、その時の「美しいかどうかを判断する能力」は濁っている、純粋なものではあり得ないとされていました。なにか目的に適うことが「美しさ」なのであれば、それは「関心」が関わることになり、純粋な「美しさの判断」ではないのではないか。全くその通りで、「ハーモニー」は仮に目的として立てられるものであって、「形式的・主観的な目的」であると言われます。この「ハーモニー」が存在するということは仮に形式として私が想定するところのものであって、実際に存在するかどうかは考えられていないのです(期待してよい、とはこういうことでした)。仮に形として、私の中ではそういうものの存在が想定されているということです。その期待される「ハーモニー」にこそ快感が宿っているのであって、「美しさ」に関しては、快感がある→(から)→美しいと感じるのではなく、美しいと感じる→(ということは)→(「ハーモニー」が想定されており)→気持ちいいという流れになります(カント語で言うと、「趣味判断はアプリオリな根拠に基づく」)。
次の第十三項から第十七項にかけては、カントの本領発揮といったところで、「美は〜じゃない」「美と〜は関係ない」のオンパレードです。まとめれば次のようになります。純粋な美しさには「関心」も「感動」もないし、「完全性」という考えとも関係な…

『気持ちいいとか気持ち悪いとか美しさとかそういった感覚をぼくらの頭が一体どうやって判断しているのかについて一生懸命考える本(判断力批判)』(2)前半

『判断力批判』を読む会、2回目です。
前回が9月だったので、もうこんなに経ってしまったのか・・・という感じでもう年末ですね。この間、我々は特に何をするでもなく(嘘です、ぼくは悠々自適のニート生活を送りつつ、Nは卒論執筆で死にそうな思いをしながら)過ごしていました。この事実からも、我々が決していわゆる「良い読者」でないのは自ずと知れてしまうことでしょう。
それでも時々は思い出したようにカントに立ち戻って、何とかノルマと決めていたところまで読み進めました。

ということで二回目の今回はいよいよ本篇に入り、上巻の69頁から143頁まで、第一部第一篇第一章というところを読みます。

* * *
〜12/23 『判断力批判』第一部第一篇第一章(上巻69頁〜143頁)
まず目次を読む とりあえず目次を読んで構成を理解することにします。なぜかというと我々は飽きっぽいので、何回でも目次に立ち戻って「まだ終わらんのか・・・」というようなつぶやきを漏らしながらでなければ読み進めることができないからです。 今回読む第一部第一篇第一章は、正確には以下のタイトルを持っています。 第一部「美学的判断力の批判」  第一篇「美学的判断力の分析論」   第一章「美の分析論」 「部」に関しては、下巻の方を見ると「美学的判断力」(第一部)に対して「目的論的判断力」の批判(第二部)となっています。また「篇」に関しては「美学的判断力の分析論」(第一篇)に対して「美的判断力の弁証論」(第二篇)となっている。そしてその中で第一章「美の分析論」と第二章「崇高の分析論」という構成になっています。 今回の範囲を読んでみると、美しさは目的を持つのか? 目的に適っていることが美しいということなのか? という議論がありますから、そこに関連した部の構成なのでしょう。そしておそらく「篇」については対象が同じですから、分析の手法についての話なのだと思います。美しさを分析的に検討していくか、それとも弁証法のメカニズムの中に当てはめて検討していくかという話なのではないのでしょうか。今回第一部第一篇第一章では、美を判断する能力について(部)、分析的に考えていく中で(篇)、「美しさ」と呼ばれるものを分析していこうという話に、おそらくなるのでしょう。 お気づきでしょうか、ここに至るまで我々は「おそらく」「なのでしょう」「だと思います」などの…

イヴァン・ジダーノフの詩

イメージ
ロシアの現代詩人イヴァン・ジダーノフの詩を訳しました。
(初掲載:2014年3月9日、最終更新:2015年12月30日)
(あなたとぼくの隔たりは) あなたとぼくの隔たり 隔たりこそがあなたである
ぼくの前にあなたが立つとき どうしよう こうしようなど 考えながら
あなたの緘黙のかけらから あなたがぼくを組み立てるよう
あなたが見るのはかけらだけ 自分の全ては見やしない

鏡が あまりに多くを欲し 弾けてかけらになるように
(この欲が 自分を各方面の間諜(スパイ)にするのだ)
憂愁をまとう不幸な樹が その葉に生を終えてゆく
その量の多さでもって みなに風向きを予言するために

唄うために 弁解するために 黙りこみ みなに耳を傾けるため
飛行機が空中回転するように 静寂の平面で泳ぐために—
だが不幸なくるみは 森で彷徨う 
戦争が近づき 不眠に幽閉されているかのように

どこにあるんだ 掘っ立て小屋の天国は どんな盗人に荒らされているんだ
ぼくはあなたのために盲目だ あなたの手で目を潰されたのではあるが
ターバンのごとく 中身のない水が 悲しみに巻きついているが
内側は空っぽ 風のない日に帆など立たぬと同じこと

あなたの一部分として ぼくはあなたを嫉み 捜すのだ
あなたの中に日曜日を。 そして無事では済むまいと思う
ほら ぼくには見える 嫉みのように あなたが投石機を構えているのが
機関車の頭垢を 可哀想な木の葉から 払い落として

あなたに向けたぼくの仕草を あなたは繰り返しているようだ
死を知らない飛行のなかで 幻の鳥はその翼で
大きな心臓を捕まえる そして己の運命に抗わず
空に溶けこむ のではなくて 空に なる のだ

そうだ ぼくはあなたと隔りでもって繋がっている これは掟だ
真実とかあなたの気ままさを許すように 嫉妬心を許す掟だ
ぼくは死を知らない 屈服している間は だが屈服などするものか
なぜなら愛している 愛している 愛しているから

(こんな夜は) こんな夜は 選ばれはしない
親のない神が 夜に歩み出て
川はその岸に身を寄せる
世界に 光は 残されず
空は せいぜい足元をひたす
雨のシルエットくらいの 大きさしかない

そしてこの じめじめした街角は
そして腐りかけの葉のざわめきは
昏さの中でなく ぼくらの内に息づいている
ぼくらは覚えているだけで 見えるわけじゃ…

タルコフスキー・リスト

映画監督А. タルコフスキーが、自身の授業で学生に配布したと言われる必見映画のリスト、「タルコフスキー推薦映画リスト」を訳しました。
いまいち出どころがわからず、資料としての価値には?がつきますが、参考までに。ロシア語原文はこちらです→Список Тарковского на сайте Кино не для всех
日本でDVD未発売の場合は、英語(ないし原語)タイトルをつけました。

ルイス・ブニュエル
『アンダルシアの犬』『黄金時代』『忘れられた人々』『ビリディアナ』『皆殺しの天使』『昼顔』『糧なき土地』『小間使の日記』『ナサリン』

ロベール・ブレッソン
『田舎司祭の日記』『抵抗(レジスタンス)』『スリ』『ジャンヌ・ダルク裁判』『バルタザールどこへ行く』『少女ムシェット』『やさしい女』『たぶん悪魔が』

イングマール・ベルイマン
『不良少女モニカ』『道化師の夜(Sawdust and Tinsel)』『第七の封印』『野いちご』『処女の泉』『悪魔の眼』『鏡の中の女(Face to Face)』『冬の光』『沈黙』『仮面/ペルソナ』『恥』『情熱(沈黙の島)(The passion of Anna)』『叫びとささやき』『狼の時刻』『ある結婚の風景』『蛇の卵』

ピエル・パオロ・パゾリーニ
『アッカトーネ』『奇跡の丘』

フェデリコ・フェリーニ
『道』『魂のジュリエッタ』『8 1/2』『サテリコン』『フェリーニの道化師』『フェリーニのアマルコルド』『カサノバ』

アラン・レネ
『二十四時間の情事』『ジュ・テーム、ジュ・テーム(Je t'aime, je t'aime)』

溝口健二
『雨月物語』『山椒大夫』

黒澤明
『羅生門』『七人の侍』『生きる』

勅使河原宏
『砂の女』

アルフレッド・ヒッチコック
『鳥』『サイコ』

ジャン・ルノワール
『ゲームの規則』『大いなる幻想』

ジャン=リュック・ゴダール
『小さな兵隊』『勝手にしやがれ』

カール・Th・ドライヤー
『裁かるゝジャンヌ』『吸血鬼』

ミケランジェロ・アントニオーニ
『情事』『夜』『太陽はひとりぼっち』『中国(Chung Kuo, Cina)』 
アレクサンドル・ドヴジェンコ
『大地』

フリードリヒ・エルムレル
『Peasants(Крестьяне…

文字25(現代語の現代語訳シリーズ)

会いたさ、会いたさこそが、わたしを震わせるのでした
あなたを遠く感じるのは、わたしがあなたを想うからでしょうか
もう一度わたしとあなたであるわたしでいたいのですが
わたしの気持ちはいつも不着のままなのです
こころ、きもち、わたしの
(小池昌代訳「会いたくて 会いたくて」)



恋をしてしまったのです
あなたはたぶん気づいてはいないのでしょうけれど
星の夜にわたしは願います
櫻桃です ―
わたしの指があなたに送る便りは
(小池昌代訳「CHE.R.RY」)