11 8月 2015

ウラジーミル・マヤコフスキーの詩

*実を言えばマヤコフスキーを訳すのは初めての経験です。小笠原訳と見比べて誤訳を見つけることに汲々とするのが、正しい読者による正しい楽しみ方です。

セルゲイ・エセーニンへ(1926)

あなたは行ってしまった
 ひとが言うように
  あの世へと。
虚しい・・・
 飛んで行ってください、星々の中へ、飛び込んで。
きみにはなんの貸しもない
 酒代さえも。
素面だ。
違うさ、エセーニン、
 これは
  おちょくってるんじゃない。
喉には
 苦々しい嗚咽がある
  嘲り笑いなんかじゃない。
ぼくには見える
 切り裂かれた手でゆっくりと
自分の
 骨を
  袋に入れてあなたがカチャカチャ揺らしているのが。
もうやめてください!
 やめて! 
  正気ですか?
両頬を
 死の白墨が
  濡らすがままにしておくんですか?!
あなたはだって
 あんなに
  すごいことを言葉にして吐き出していたのに
この世の
 他の誰一人だって
  言葉にできなかったようなことを。
どうして?
 なぜなのですか?
  わからなくて打ちのめされてしまう。
批評家どもはぼそぼそ言っている
 「あいつは罪つくりだ」と。
そうかな・・・
 でもそれは・・・
  でも一番の問題は
   繋ぎとめるものが少なかったこと
その結果として
 ビールやらワインの暴飲だった。
ひとは言う、あなたは
 放蕩生活を
  高踏な生活に変えるべきだったのに、と
高踏さこそがあの人に良いように働いて
  馬鹿げたことには至らず済んだだろうに、と。
そうかい、高踏な生活って言うけど
 じゃあそれは渇きを
  クワスで満たしてくれるもんなのか?
高踏な生活だって おんなじように
 酔っ払うのに目がないじゃないか。
あなたのところに
 汗っかきどものうちの誰かが
  寄ってって
生活費でも
 もっともっとたっぷりと
  恵んであげるようにすりゃよかったのに、と
そうすればあなたは
  一日に
   100行ずつも
    書き上げたろうに
退屈で
 長い長い
  ドローニンみたいな詩行をな、とのたまう。
ぼくに言わせれば
 そんな戯けたことが
  ほんとにあったとしたら
もっと早く
 自殺することになったでしょうね。
ウォトカのせいで
 死んだほうがまだましさ
退屈のせいで死ぬよりは!
ぼくらには
 死因が
  定かではない
縄で首を絞めたのでも
 ペンナイフを突き刺したのでもないのだ。
もしかしたら
 アングレテール・ホテル(*エセーニンが自殺したホテル)にインク壺さえあったら
静脈を
 切り裂いたことが
  死因にはならなかったしれないのだ。
猿まねする奴らが喜んでこう言う
 「アンコール!」と
すんでのところで
 自分に
  銃の撃鉄で制裁を食らわすところだった。
なぜ
 自殺者数を
  増やそうとする?
インクの生産量を
 増やすほうが
  よっぽどいい!
永遠に
 いまでは
  舌が
   歯の奥に閉じ込められてしまっている。
神秘さを破るのは
 つらいし
  いまはその時ではない。
民衆のなかで
 言葉の創造者のうちで
朗々たる
 見習い放蕩者が
  死んだ。
そして 大量の
 追善の詩が持ち込まれた
過去から
 葬儀の場から
  ほとんど手直ししないまま。
丘のほうに
 弱っちい韻律を
  杭でもって追い立ててしまえ
そんなふうに
 詩人を
  敬うべきだなんて思わないだろ?
あなたに捧げる
 記念碑さえまだ作られていないのだ
記念碑はどこだ?
 青銅の音は?
  切り削られた御影石は?
それでも追憶の格子に
 すこしずつ
献呈と追憶の
 ゴミ屑どもが運ばれてきて もういっぱいだ。
あなたの名は
 ちっぽけなハンカチに吐き散らかされて
あなたの言葉を
 ソビノフが涎でベチャベチャに汚す
死にそうな白樺の下で
 こんなふうに演説を締めるんだ。
「ことばもありません
  あぁみなぁぁさん、
   ためぇぇぇぇ息一つ出ないのです」とね。
うぇ、
 もうすこし違ったふうに話すだろうに
このご本人、
 レオニード・ローエングリヌィチ・ソビノフさんと話すのなら!
ここでスッと
 名高き問題児よろしく立ち上がって
「詩の一行たりとも
  もぐもぐ言ったり
   めちゃくちゃにするのを私は許さない!」と。
唖然とさせよう
 やつらを
  三本指で鳴らす口笛で
おばあさんにも
 神さまにも 魂をお見舞いしよう!
最低に才能のない忌まわしいやつらを
 追散らすために
その
 一張羅の帆を
  風に大きく広げながら
コーガン氏が
 一目散に
  逃げ出してしまうように
両耳の先で
 行きあう人々を
  ぶん殴りながら。
クズどもが
 まだ
  たくさん居残っているそのうちに。
やるべきことはたくさんある
 いいからついて来るんだ。
生きることを
 最初から
  やり直さねばならない
やり直した後に
 詩で讃えることができる。
ペンにとっては少し困難な
 そんな時代だ
だけども 声に出そうじゃないか
 みなさん
  性別問わぬ不具のみなさん
どこで
 いつ
  どんな偉大なひとが
もっとぐちゃぐちゃに踏みつけられ
 もっと軽やかになるため
  道を選び取ったか?
ことばは
 ひとの力の
  司令官だ。
進め!
 時間が
  後ろから
   弾丸よろしく突き進んで来るように。
古き日々のほうへ
 風が
  運んで行くのは
ただ
 髪のもつれだけであるように。
歓喜は
 ぼくらの惑星のための
  ものだとはまだいえない
来るべき日々の
 喜びを
  奪い取ってこなければならない。
この世で
 死ぬことは
  難しいことじゃない。
生きることをもっと
 ものすごく困難なことにするんだ。

*V.タラソフ『時よ、前進だ!』(1977)

*Маяковский, Владимир Владимирович (1893-1930)

0 コメント:

コメントを投稿